ベビー用品レンタル・販売・クリーニング 全国対応 各種クレジット決済可能

お問い合わせ

0120-834121(フリーダイヤル)

兵庫県南部・大阪市・堺市は、レンタル5,501円以上で往復送料無料!

チャイルドシートの選び方

着用義務・取付位置

法律上の着用義務は6歳未満までです。但しお子様の安全のために車のシートベルトを使用できるまで(身長140cm以上)は、チャイルドシートを着用しましょう。

チャイルドシートの取付位置ですが、お子様が一人の場合は助手席の後ろの座席がベストです。右ハンドル車の場合、運転席からお子様を目視でき、乗せ降ろしの際も日本は左側通行なので歩道側になり、お子様の乗せ降ろしを安全にできます。
尚、助手席へのチャイルドシートの取付は危険です。万が一の事故の際エアバッグが作動し、お子様がエアバッグに押しつぶされる危険があります。

チャイルドシートの種類

  • ベビーシート(乳児用)
  • チャイルドシート(幼児用)
  • ジュニアシート(学童用)

の大きく3つに分類されます。

ベビーシート(乳児用)

体重:13kg未満
身長:70cm以下
年齢:新生児〜1歳頃まで

  • 車の進行方向と逆向きに取付します。
  • 赤ちゃんを乗せたまま車からお部屋へ移動させることができ、室内ではロッキングチェアとしても使用できます。

グッドキャリー、ペブル

チャイルドシート(幼児用)

体重:9〜18kg
身長:65〜100cm
年齢:1歳頃〜4歳頃まで

  • お子様の首が据わり、自身で座ることができるようになれば使用できます。
  • 現在は、新生児から使用できるベビーシート・チャイルドシート兼用タイプが主流になっています。兼用タイプのチャイルドシートは、赤ちゃんの月齢に応じてチャイルドシートの取付向きを変更させたり、インナークッションを取り外したりし、新生児期から4歳頃まで長く使用することができます。

    チャイルドシートを選ぶ際のチェックポイントとしては、イス型orベッド型、回転式or非回転式、リクライニング機能有or無、レッグサポート有or無、シートベルト取付orISOFIX取付、幌有or無、シートの素材、本体重量などが大きなチェックポイントになります。
    また、価格もチャイルドシートを選ぶ際の大きなポイントになりますが、一般的にイス型(安)・ベッド型(高)、回転式(高)・非回転式(安)、リクライニング機能有(高)・無(安)、レッグサポート有(高)・無(安)、シートベルト取付(安)・ISOFIX取付(高)、幌有(高)・無(安)、となります。
    但し、価格とチャイルドシートの安全性は必ずしも比例しません。また、お子様の人数や取付する車種により最適なチャイルドシートは異なります。

クルムーヴ、コッコロ

ジュニアシート(学童用)

体重:15〜36kg
身長:135cm以下
年齢:4歳頃〜11歳頃まで

  • 大人用のシートベルトが使用できるまではジュニアシートを使用します。
  • 1歳頃から使用できるチャイルド・ジュニア兼用シートや座高を高くするだけのブースタータイプのものもあります。

エアポップ、ジョイキッズ"

取付方法

チャイルドシートの取付方法は、シートベルト取付とISOFIX取付の2つがあります。
シートベルト取付の場合は、チャイルドシートの機種により取付方法が異なります。また、前向き取付時と後ろ向き取付時でシートベルトを通す位置が異なります。安全性を保つためには説明書を読み、正しく取り付けしましょう。
ISOFIX取付は、車両座席のISOFIXバーにチャイルドシート本体に付いているコネクターを差し込んで取付するため、簡単に取付でき安定性もあります。2012年7月以降に発売された車両は、すべてISOFIX取付に対応しています。ISOFIX取付の場合は、ISOFIX取付に対応したチャイルドシートをお選びください。

ISOFIX"

ベビーツーワンオススメパターン

  • 0カ月〜6カ月頃  ベビーシートをレンタル
  • 6カ月頃〜4歳頃  チャイルドシートを使用
  • 4歳頃〜11歳頃   ジュニアシートを使用

新生児期から6カ月頃までは、ベビーシートの使用をオススメします。短期間しか使用しないベビーシートは、レンタルがおトクです。その後は、チャイルドシートとジュニアシート、もしくはチャイルド・ジュニア兼用シートを使用し、大人用シートベルトが着用できる11歳頃まではチャイルドシートの着用を推奨します。
チャイルドシートを年末年始やGW等、短期間だけ使用する場合は、レンタルが便利です。

最適なチャイルドシートは、所有している車種やお子様の人数により異なります。また、チャイルドシートは正しく取り付けてこそ安全性が保たれます。説明書や各メーカーの取付動画などを確認し、正しく取り付けましょう。ご不明な点は遠慮なくお問合せ下さい。

 

ページトップへ