ベビーベッドの選び方

ベッドのタイプ

サークル兼用タイプ

床板の高さが床から上段で約40cmと低く、ひざをついて赤ちゃんのお世話をするベッドです。
和室や寝室など、夜お母さんのベッドにくっつけて添い寝ベッドとしてご利用される場合にオススメです。

サークル兼用タイプ

サークル兼用タイプは全体の高さが低いので、圧迫感をあまり感じません。椅子やソファーに座った時、赤ちゃんの様子がよく見える高さです。添い寝ベッドとしてご利用する場合はサークル兼用タイプのベッドがお勧めです。
夜の授乳やおむつ替えの時も、ベビーベッドまで移動しなくてもいいのでお世話が楽になります。スリーオープンベッドだと、パパとママの間において、川の字で眠ることも出来ます。ベビーベッドの方が高くなる場合、キャスターを外すと約5cm低くなります。

※キャスターを外すと床に傷がつく場合があるので、敷物を敷いてご使用されるのがお勧めです。

サークル兼用タイプ

※こちらのベッドは「ツーオープンベッド b-side L型」という商品になります。

ハイタイプベッド

床板の高さが床から上段で70cmと高く、立ったままお世話が出来るので体に負担がかかりにくいです。上のお子様のいたずら防止や、リビングでのご利用、お昼寝の時などにオススメです。

ハイタイプベッド

※こちらのベッドは「ハイタイプベッド ツーオープンL型」という商品になります。(内径120×70cm)

出産後まもなくの時期はしゃがんだり、床に座ったりすることは、とても大変な動作になります。
ハイタイプベッドは、腰をかがめず立ったままの楽な姿勢でお世話ができるので、腰や、腕に負担がかかりにくくなります。背の高い方やパパにも使いやすい高さのベッドです。

上のお子さんが小さい場合やペットがいる場合にはハイタイプベッドがお勧めです。年の近いお兄ちゃん、お姉ちゃんの手が届きづらいのでいたずら防止になります。また、ペットを飼っている場合も、飛び掛かりを防いだり、床のほこりやペットの毛、ダニから赤ちゃんを遠ざけてくれます。

下のような床板の高さが床から45cmの場合では、枠(開け閉めするところ)の方が床板(赤ちゃんを寝かせるところ)より約20cm高くなります。そのため、添い寝ベッドとしてママのベッドの横に置いた時、腕を伸ばすと枠にあたるようになります。

ハイタイプベッド

ベッドのサイズ

レギュラー(標準)サイズベッド(L型:内寸120×70cm)

レギュラー(標準)サイズベッド(120×70cm)

<使用期間は誕生から満2歳まで>
長期間ご使用の方にオススメです。
市販のお布団(敷き布団サイズ120×70cm)がぴったりのサイズです。

コンパクトベッド(SS型:内寸90×60cm)

コンパクトベッド(90×60cm)

<使用期間は誕生から1歳頃まで>
小さくても使いやすさは抜群です。小型サイズ(敷き布団サイズ90×60cm)のお布団がぴったりのサイズです。

レギュラー(標準)サイズベッド(120×70cm)とコンパクトベッド(90×60cm)のサイズ比較

サイズ比較

※当店ではこの他、S型ベッド:内寸100×63cm、セカンドベッド:内寸70×60cmのレンタルベッドがございます。

ご使用に関して

  • つかまり立ちが出来るようになったら床板を下げてください。
  • 汚れたときのために、マットや敷布団の上に汗取りパッドや防水シーツ、バスタオルなどを敷いてご利用いただくのがオススメです。
  • 赤ちゃんはとても汗かきです。清潔に保つ為に、定期的にお布団やマットを干してあげてください。
  • ネジが緩まないように定期的に締め直して下さい。
  • ベッドにピッタリサイズのお布団セットをお持ちの場合、マットはなくてもご使用できます。
 

ページトップへ